ドラマ・テレビ

絶対零度!最終回予想!黒幕は篠田!井沢の妻子を殺した犯人は〇〇!?

いよいよ最終回を残すのみとなった絶対零度~未然犯罪潜入捜査~(フジテレビ)!!

シリーズ4作目となる今作では、新しいメンバーに加え前作から続く謎の解明など、見逃せない要素がたくさん!!!

そして第10話では、序盤から度々流れていた〈香坂朱里(水野美紀)が何者かに射殺され、その前に立ち尽くす井沢範人(沢村一樹)〉という未来のシーンの真相が明らかになりました。

井沢が香坂を殺した?ついに一線を越えてしまったのか・・・?

と、なんとも意味深でしたが、ついにストーリーがこのシーンまで追いついたのです。

実際に香坂を射殺したのは井沢ではなく、井沢が香坂の元にたどり着いたときには既に撃たれた後でした。

井沢が殺したのではないとわかり少しほっとした気もしますが、まだまだ残された謎が数多くあります。

この記事では、そんなハラハラドキドキのドラマ「絶対零度~未然犯罪潜入捜査~」season4最終回予想を、これまでのあらすじを振り返りながら考察していきたいと思います!

これより先はネタバレを含みますので、ご注意ください。

「絶対零度~未然犯罪潜入捜査」season4 あらすじ

未然犯罪捜査班とは

物語の舞台である「未然犯罪捜査班」(通称「ミハン」)とは、日本中の防犯カメラやメール・電話の履歴など膨大なビックデータを解析し、近い未来に犯罪を犯すと考えられる人物について調査し、未然に犯罪を防ぐという警察内の特命班である。

法務省の官僚である香坂朱里は、ミハンの法制化を願い自ら志願して統括責任者となりました。

 

初めのうちはお互いに懐疑的な思いを抱いていた香坂とミハンメンバーでしたが、犯罪を未然に防ぎたいという思いは同じであるということが分かり、徐々に信頼を寄せていきます。

香坂の実父は過去に映画館で神経ガスを撒き無差別殺人を犯した犯人でした。母親の再婚相手である法務省の官僚により戸籍が操作されたことで、香坂は犯罪者の娘であることが世間にバレずに生きてこれましたが、心に負った傷は今も癒えていません。

そんな香坂には水島歩という弟がおり、歩は父が起こした事件に巻き込まれ、加賀美(柄本明)にその命を救われていたのです。

 

歩はその後施設で暮らし、加害者遺族として激しいバッシングを苦に自殺をしたと思われていました。

しかし本当はまだ生きており、香坂は東京サミットでのテロを首謀する黒幕が弟である歩だと気づいてしまいました。

自らの手で弟を説得しテロを阻止しようとするも、志半ばで射殺されてしまいます。

さらに曽根崎(浜田学)ら警察の陰謀によって香坂がテロリストとしての罪を着せられようとしている現状、そしてミハンの解体と窮地に陥ったミハンメンバーは、失った大切な仲間のためにもテロの黒幕を特定するため尽力します。

篠田が香坂の弟でテロリストだった!!

これまで小田切(本田翼)にそっと寄り添い支え、ついに恋人となった篠田(高杉真宙)。視聴者の誰もがこの二人のささやかな幸せを願い、殺伐としたストーリーのなか唯一のハートウォーミングな部分でした。

それが一転、篠田は死んだはずの香坂の弟でありテロリスト・水島歩であることが暴かれるという衝撃の展開に!!

篠田が小田切を撮った写真の中に、クラッカーである諏訪の姿が写っているものが複数あり、篠田はそれに気づいていました。

このことから、てっきり小田切が諏訪(松尾諭)に狙われていると気づいた篠田は、思い密かに小田切の身を案じていた・・・と思っていたのですが、諏訪が狙っていたのは小田切ではなく篠田の方だったのですね。

そして諏訪が篠田のアジトを襲撃したものの返り討ちに遭い、篠田も重傷を負った・・・。

事件から一番遠い存在と思われていた登場人物が黒幕であったとは、盲点だったとしか言いようがありません。

思い返せば篠田は初登場のシーンで「父親が心中をはかり自分だけ生き残った」と言っていました。

つまり篠田の父親とは香坂の実の父であり、篠田はかつて起きた「映画館での神経ガスによる無差別殺人事件」で生き残った香坂の弟だったのです。

篠田は初めから小田切がミハンのメンバーであることを知り、近づいて利用してきたのでしょうか。

だとしたら、小田切の心の傷は計り知れないほど深く切ないですよね。

黒幕が篠田だったなんて信じたくない気持ちもありますが、きっと犯人を憎み犯罪を無くしたいと願うきもちは小田切やミハンのメンバーと同じであるはずです。

法で裁かれない悪人の殺人などその方法は決して許されることではありませんが、犯罪を憎み奔走する小田切の姿に共感し心を打たれ、大切に想う気持ちは本物だったと思いたいですね。

井沢の妻子を殺したのも篠田?それとも・・・

これまでの複数の殺人や東京サミットでのテロの首謀者が篠田であることは明らかになりましたが、未だ真犯人が分かっていない事件があります。

井沢の妻と娘が殺された事件です。

前のシーズンでは宇佐美という男が実行犯であるとされていましたが、今シーズンで宇佐美の服役中に凶器と思われるナイフが井沢の元に届きました。

宇佐美は自分が井沢の家に侵入したときには既に先客がいたとも話していますし、真犯人が他にいることが示唆されています。

この事件の犯人も篠田なのでしょうか?

だとしたら、動機は?

 

篠田は法で裁けない悪人を始末するのが目的ですから、何の罪もない井沢の妻子を狙うことは考えられませんよね。

真犯人は他にいると考えるのが妥当ですが、現在の登場人物の中にいるのでしょうか?

ここで初登場の人物が真犯人として出てきたら、ドラマとしてなんだか興ざめですよね。

ですが既に登場している人物の中に怪しい人も見当たりませんし・・・

反対に真犯人である可能性が限りなく低い人物が真犯人ということもあり得ますよね?

一番可能性が低いと考えられるのは・・・やはり山内(横山裕)ではないでしょうか。

山内は井沢の事を誰よりも慕い、井沢の殺意が覚醒する度に命懸けでそれを阻止しています。

そんな山内が真犯人であるとしたら・・・

かつて自分が犯した殺人によって井沢の中に行き場のない殺意が芽生え、それに責任を感じての行動とも考えられます。

あんなに「井沢さん!井沢さん!」と子犬のように慕っている山内が真犯人というのも心苦しい展開ですが、そうだとしたらまさに衝撃の結末ですよね。

絶対零度!最終回予想!黒幕は本当に篠田?井沢の妻子を殺したのは誰か まとめ

最後まで展開が読めず見逃せないドラマ「絶対零度~未然犯罪潜入捜査~」の最終回まであと数日となりました。どんな結末になるのか、楽しみすぎて待ちきれませんね!!

法で裁けない悪人の殺人や、東京サミットでのテロを首謀した黒幕の正体が篠田であることが明らかになりました。

第11話のラストで篠田は重傷を負い入院中ですが、果たして今後の展開は・・・!?

小田切の想いは・・・

そして、井沢の妻子を殺した真犯人についても、まだまだ謎のままです。

最後まで見逃せないドラマ「絶対零度~未然犯罪潜入捜査~」の最終回は、3月16日(月)21:00より15分拡大して放送されます!!

【テセウスの船】最終回あらすじ予想!黒幕は誰?みきおの目的は?音臼村祭で何が起きた!?現在TBSで放送中のドラマ「テセウスの船」。 毎週放送終了後には、Twitterなどで真犯人や黒幕に関する考察合戦が繰り広げられていま...