未分類

マスクチームとは?どんなチームなの!何するの!これでマスク不足解消?政府が本気をみせてきた!

マスク不足、マスク品切れ、マスク売り切れ、マスクない!

とにかく、マスクがない!マスクをしたいのにどこにも売ってない!と困っている方結構います。本当に普通に困っている方が多いのです!

筆者はありがたいことにストックが100枚ほどあるので、売り切れでマスクがないという友人にちょびちょびと数枚ずつプレゼントしております。

予想では100枚も使い切れないだろうと思っているから、、しかもそのうちなんらかの対策をしてくれるだろうと思っていたからです!

マスクチームとは何をするところ?

さっそく、政府がマスクチームたるものを創設し、マスク不足解消に向けて本腰をいれてきましたね!

これでマスクがなくて困っている方も一安心?と思いきやちょっとまってよ。。

 

マスクチームは一体なにをするところかというと

厚生労働、経済産業、総務各省から計約40人を集め、国や自治体が購入・保有するマスクを高齢者施設や医療機関などに優先的に配布する調整を担う。

ということになっています。

40人という人数が多いのか少ないのかわかりませんがまずは、マスク不足解消というよりも必要な場所へマスクを届けるチームになりますね。

しかし、これは必要なことですよね。

感染確率が高い人や感染してしまうと悪化する可能性が高い高齢者からマスクを配布するのは良いことだと思います。

店頭のマスクの品切れはもうすぐ解消される?

また、すでにマスクを高い値段で転売することについて禁止する法案もできたようですしね!マスクについての反倫理的な行動に対する処罰はしっかりしてほしいものですよね!

しかし、マスクの転売ついてはもうすでに一儲けした人や、損した人が続出しているわけですから、少し遅かった気もします。

政府は1月28日にメーカーにマスクの増産を要請し、設備投資への支援策も策定

ということでマスク不足は解消に向かっているはずなんですがあいかわらず店頭には売り切れの張り紙が。。。

一体どうなっているのでしょうか?

1月28日にメーカーへの増産要請
3月10日国民生活安定緊急措置法の政令改正(マスク転売の規制)

そして今日のマスクチーム結成!ということで、これでマスク品切れが解消されなければ本当におかしいですよね。

おそらく来月末には店頭でマスクをあっさり買えるのではないかと思われます。

マスクチーム創設も国民の声は厳しいものが。。。

せっかくのマスクチーム、結構ぼろっかすに言われていますね。

残念ながら対応が遅いのは否めません。もう手遅れなのは日本国民がわかっていることですが今後どのような対応をしていくのかとてもきになるところですね。

スポンサーリンク