お役立ち

難消化性デキストリンは癌を誘発する?副作用と効果を調査してみました!

みなさんこんにちは!

便秘や軟便の方はこの難消化性デキストリンについて一度はネットでどんなものだろう?と検索したことがあるのではないでしょうか?

「体にいいもの、大腸にいいもの」と言ったイメージを根拠なく抱いている人も多いかと思いますが本当にそうなのでしょうか?

今日は、健康管理のために取り入れている方も多い「難消化性デキストリン」が癌を誘発するのか???

ということについて検証していきたいと思います。

デブ脳の改善方法を教えます!知らない間に楽々減量?最近『デブ脳』という言葉を、初めて聞きました。 ネットで調べてみると、デブ脳という言葉が出てきましたよ! デブ脳のとはそもそも何? ...

難消化性デキストリンは癌を誘発する?

なぜか難消化性デキストリンという言葉を検索すると「癌を誘発」というキーワードがでてきます。おそらく難消化性デキストリンを摂取すると癌になると思っている人が多いのでしょう!

しかし難消化性デキストリンが癌を誘発するということはどこにも書かれていませんでした。

つまり、難消化性デキストリンは癌を誘発するわけではないということになります。

摂取している方は安心してください^^

なぜ難消化性デキストリンが癌を誘発するという噂があるのか?

ではなぜ難消化性デキストリンと一緒に「癌を誘発」という言葉がでてくるのでしょうか?

それは、現代人の食物繊維摂取量が少ないから大腸癌が増加傾向にあるよ!ということからきているようです。

つまり、デキストリンが癌を誘発するのではなく、現在では食物繊維の摂取量が少くなり、大腸癌が増加傾向にある!ということですね。

直接デキストリンと癌は結びつきません。

 

我々日本人の食生活は,伝統的には穀類や野菜類を多く 摂取できる内容であった

が,食の欧米化が指摘されている昨今では穀物摂取量は顕著に減少しており,食

物繊維摂取量は摂取目標量に達しておらず若年層で特に少ないという特徴がある

かつて成人病と呼ばれていた生活習慣病が中高年だけでなく若年層や小児にまで

みられるようになったことや,大腸ガンの罹患率増加,花粉症やアトピー性皮膚

炎などアレルギー疾患の変遷1と考え合わせると,食物繊維の摂取不足は身体調

節機能にも影響している

引用元:https://www.jstage.jst.go.jp/article/bag/5/4/5_KJ00010156117/_pdf/-char/ja

食物繊維が少ないからデキストリンをとろう!じゃないと大腸癌になるよ!!

というような関係で、「難消化性デキストリン・癌を誘発」という検索キーワードがでてきたのかもしれませんね。

難消化性デキストリンの摂取量ってどのくらい?

アメリカの食品医薬局(FDA)は、「 1日の摂取量の上限値を明確に定める必要がないほど、安全な食品素材である 」と認めているそうなのです。

つまり、どれだけ摂取しても健康に害がないということですよね。

また、特定保健用食品(トクホ)の関与成分としても認められいます。

トクホのペットボトル飲料は難消化性デキストリンが入っているだけというものも多いそうですよ。

ということは、自分で難消化性デキストリンの粉末を飲み物に入れて溶かしてしまえば、自家製のトクホドリンクができるということになりますよね。

トクホのペットボトル飲料って少々お高めですし、これはいい節約技ではないでしょうか。

どんなに健康に良いとされる成分やサプリメントでも、過剰な摂取は健康を害するというのが定説だと思われている中で、ここまで安全性がお墨付きというのも珍しいですよね。

難消化性デキストリンの効果と副作用は?

あまりなじみのない名称ですし、知らない人からすれば「この得体の知れない真っ白な粉は本当に安全なの?」と疑問に思っても仕方がないですよね。

また、「たくさん摂取すると癌を誘発するんじゃ・・・」と思ってしまう心配性な人もいるかもしれません。

今回はそんな「難消化性デキストリン」の副作用や効果について、調べてまとめてみました。

難消化性デキストリンの効果

ではまずは難消化性デキストリンの効果からみていきたいと思います。

難消化性デキストリンはむしろ癌予防になる

 

なんと難消化性デキストリンの過剰摂取で癌になる心配がないどころか、むしろ癌の予防になるというのです!

難消化性デキストリンはトウモロコシなどの穀物のでんぷんから抽出された、水溶性食物繊維の一種で、「難消化性」という名の通り消化されにくい食物繊維という意味です。

そのため従来は健康に良い成分だとは考えられていなかったそうなのですが、現在では研究が進みその有用性に注目が集まっているようなのです。

さて、そんな難消化デキストリンにはどんな効果があるのでしょうか?

食後の血糖値の急上昇を抑える

 

難消化性デキストリンを日常的に取り入れている方のほとんどは、この効果を狙って摂取しているのではないかというほど、メジャーな効果のひとつではないでしょうか。

食事で糖質を摂ることにより急上昇する血糖値。高血糖な状態が続けば糖尿病になってしまいますし、急上昇と急降下を繰り返す「血糖値スパイク」を放っておけば血管がダメージを負い動脈硬化や心筋梗塞、脳卒中などのリスクが高まります。

 

難消化性デキストリンを食前または食事とともに摂取することにより、食後の血糖値の上昇をゆるやかにしてくれる効果があるそうです。

脂肪の吸収を抑える

 

難消化性デキストリンには、食事に含まれる脂肪の吸収を抑えてくれる作用があります。そのため食後の中性脂肪の上昇がゆるやかになります。

現代人の食事は糖質や脂質が多くなりがちなので、食事に難消化性デキストリンは必須かもしれませんね。

 

整腸作用

 

前述した通り、難消化性デキストリンは食物繊維の一種です。腸の調子を整えてくれるというのも、食物繊維の代表的な効果のひとつですよね。

ネットでもお通じがよくなるという人が結構いるんですよね。

 

そのため便秘の解消にも役立ちます。一度の摂取で効果が得られるというよりは、毎日続けて摂ることが大切です。

つまり・・・

血糖値や中性脂肪の上昇を抑えたり、腸内環境を整える作用があるということは、その先にある「糖尿病」「動脈硬化」「大腸癌」など様々な病気の予防になると考えられますよね。

現代人の食事には食物繊維が不足しがちですので、難消化性デキストリンを使って効果的に食物繊維を摂取することが、健康への近道かもしれません。

難消化性デキストリンは天然由来!

 

これだけ安全で健康に効果があるものだと分かっていても、何かしらの副作用がないかと気になりますよね。

難消化性デキストリンはトウモロコシなど穀物のでん粉からできている天然由来の成分なので、副作用はなく本当に安全です。

難消化性デキストリンの注意点

ですが、しいていうならば気を付けなければいけない点を挙げてみました。

摂りすぎると下痢になるかも

整腸作用があり便秘に効果的と書きましたが、たくさん摂取したからといってすぐに便秘が治るわけではありませんし、逆に便が緩くなってしまうこともあります。

体調に合わせて少しづつ試してみたほうがいいかもしれません。

糖尿病の治療中は医師に相談を

難消化性デキストリンは糖尿病の治療にも効果的であるのは確かだそうなのですが、既に服用しているお薬がある場合などは医師に相談してください。

逆に低血糖な状態になり健康を害するおそれがあります。

 

妊婦さんも慎重に

難消化性デキストリンは安全であることは認められているものの、妊婦さんが摂取した場合の情報が乏しいようです。

そのため、妊娠中に摂取しても絶対に安全とは言い切れないのが現状です。

あえてサプリメントとして摂取せずとも、食事の中で上手に食物繊維を摂取するほうが安心かもしれませんね。

マイクロダイエットブログ・40代でも効果があるのか?実践した40代女性の体験談! そう思っている方に朗報です!今からお話することは40代でマイクロダイエット実践で体重が減った筆者が40代という代謝が悪い体でも体重を...

難消化性デキストリンの効果と副作用・まとめ

難消化デキストリンの効果と副作用について調べてみましたが、癌の誘発性など心配する必要がないほど安全なものだということがわかりました。

逆に健康に良いことばかりで、今すぐにでもネットで注文したくてうずうずしている人もいるのではないでしょうか?

これからは食事のお供に難消化デキストリンですね!