バセドウ病

バセドウ病の治療薬や治療期間を解説!副作用で太るって本当?

甲状腺の病気の中で、代表的な病気といえるバセドウ病。

私が、通院している専門病院の先生が書いた記事の中に、日常診療において遭遇率の高い疾患の一つとありました。

珍しい病気ではないということですよね。

今回は、バセドウ病の治療薬の種類や治療期間、そして副作用で太るのは本当なのかということを、実体験と情報を集めてお話ししていきたいと思います。

バセドウ病の第一選択薬!治療薬の名前と種類

バセドウ病の基本治療は、投薬なので治療薬の名前とどれくらい種類があるのかについて、わかりやすく紹介していきたいと思います。

ちなみに、私がバセドウ病になってから飲み続けたお薬は、メルカゾールです。

代表的なお薬だと勝手に思っています。

なぜかというと、最初に検査した内科の個人病院でもメルカゾールを出されましたし、今の専門病院でもメルカゾールをずっと出されていたからです。

バセドウ病の治療薬!

チアマゾール(別名:メチマゾール)日本名はメルカゾール:MMI

プロピルチオウラシル(チウラジール:PTU、プロバジール)

メルカゾールはチウラジールの10倍以上の効果があるためメルカゾールが第一選択薬として使用されています。

上記の表の下に書いたように、メルカゾールがやはりバセドウ病の代表的なお薬なんですね!

もう一つ、注意深い情報を見つけました。

プロピルチオウラシルは重症肝障害になることがあるため、ガイドラインでもメルカゾールを第一選択薬にしているそうです。(2013年時点の情報)

別の病気でお医者さんに行き、初診だと問診表を書かされるので、それを見たお医者さんは「バセドウ病なんだ。どこの病院行ってるの?」「なんの薬飲んでる?メルカゾール?」とよく聞かれました。

どうして、そんなにバセドウ病の事聞かれるのか、いまだによくわかりませんが。。。

持病で通っている病院が二つあるのですが、そこでも同じこと聞かれました。

気になっているのですが、どうして聞くのかと質問して相手が、まずい事聞いたかなと思われるのも悪いので聞けずにいます。。。

バセドウ病の治療期間はどれくらい?

バセドウ病になってしまった方は、最初に「どれくらいで治るの?」と思う人が多いと思います。

私は、バセドウ病の検査をする前から目の症状が気になっていて、バセドウ病とわかってから、確か毎月検査を受けていたと思います。

「数値を見ると、病気は落ち着いてるよ。」と言われたのですが、目の症状が一向によくならずそればかり気になっていたので、どれくらいで治るかまで考えていなかったと思います。

私が、専門病院に移ってからかもしれません。

お医者さんから「この病気は完治はしないんです。」と言われました。

「でも、お薬をちゃんと飲んでいれば完解することが多いです。」とも言われました。

完解というのは、簡単に言うと、病気が治ったような状態になることです。

調べてみると、薬を服用してから1~2ヶ月で甲状腺ホルモンはほぼ正常になる人が多いようです。

それから徐々に、服用量を減らして2、3年たつと、約30%~50%の人が薬を中止できるという病院の情報もあります。

でも、薬を中止できても再発する可能性もあります。

そうするとまた薬を服用することになりますね。

私の場合は、3年過ぎても薬をやめるお話はありませんでした。

完治しないと言われた時点で、一生飲み続けるものだと思っていたので気にしたことがありませんでした。

先日も、バセドウ病のお話しをしましたが、そのとき、バセドウ病について調べていて新しい情報がいくつか出ていることに気づきました。

そして、驚きました!

バセドウ病になる原因が判明しました!

なぜ、驚いたかというと2015年に、バセドウ病になる原因がわかったということなんです。

バセドウ病を引き起こしているTRAb(TSHレセプター抗体)がEBウイルス(ウイルスの一種)に感染したB細胞(リンパ球の一種)から分泌されていてEBウイルスがバセドウ病になる一つの原因だと判明したそうです。

正直、何のことかいまいちわかりづらいですが原因がわかれば、完治する可能性もあるということです!

今はまだ、完治するという情報は見当たりませんでした。

家族内でバセドウ病の人がいる場合は注意!

私がバセドウ病になった15年前は最初に「家族で誰か同じ病気の人いますか?」と聞かれました。

「いません。」と言うと「はっきりした原因はわかっていないんですが、家族の中で、同じ病気の人がいると、かかりやすいんですよ。」と言われました。

遺伝的な要因があるということですね。

パーセンテージで言うと15パーセントくらいと言われています。

その後知ったのですが、私の姉もバセドウ病になっていました。

副作用で太るというお話しについて!

バセドウは病は、太るっていう話も聞きますね。

本当は、バセドウ病の症状として、食べているのに痩せるのですが、特に若い人は食欲が増幅して食べすぎになり逆に太ってしまう人が結構いるということです。

私も、少し痩せましたが「食べても食べても太らないんだよね~。だからいっぱい食べちゃう。」とまだ病気だとは知らなくて、お友達にお気楽に話していました。

結果、それほど痩せませんでした。

食欲はもともとあった方ですが、それまでよりお腹がすいてよく食べるようになりました。

薬の副作用で太るという話は、お医者さんは否定しています。

たぶん、お薬を飲み始めて、状態が安定しているのに、食べる量は変わらない人が結構いるんじゃないでしょうか?

それだと、太りますよね!

バセドウ病の治療薬や治療期間を解説!副作用で太るって本当?まとめ

バセドウ病の治療薬は、2種類です。

ほとんどの人が、メルカゾールを服用しています。

治療期間は、2、3年たつと30%~50%の人がお薬を中止できることがありますが再発もある病気ですし、完治しない病気と言われていることから、検査のために定期的に病院に通い続けないといけないのではないかと思います。

副作用で太るというのは、メルカゾールではないと思います。

他の病気のお薬で太りやすいものがあるので、そういううわさがあるのかもしれません。

あなたの体は大丈夫?病気や健康状態を調べたい!

バセドウ病は割と症状がある病気ですが、今、症状がなくても、なにかしらの病気になっているかもしれない!と不安になったことはあるかと思います。

初期の段階で治療すれば助かることも多いとわかっているのですが。。症状がなければ病院なんて受診しませんよね。

しかし、今回は思い切って「自分は病気かも?」というストレスや不安を払拭するため人間ドッグをうけておきましょう!

>>自由人間ドッグ簡単予約

今は安く受けられる人間ドッグもあります。まずは自分の予算に合わせて健康状態をチェックしておきましょう。

人間ドッグを安く受けたい!自分の予算にあった人間ドッグを探せるサイトが便利!最近、自分の健康に不安がある、、とりあえず症状がなくても何か心配。。そういった方は多いと思います。 実は筆者もある日突然、倒れてし...

 

スポンサーリンク