レビュー

クイックルワイパーの進化版!?フローリングスプレーワイパーとは?

ネットで見てからずっと欲しかったお掃除グッズ、カインズの「フローリングスプレーワイパー」を手に入れ、使い始めて約1年。

1780円で購入したこの商品、言うなれば「フローリングワイパーの進化版」で、サッと気軽にフローリングの掃除ができる優れものです。

今や我が家の掃除に欠かせないものとなっていますが、実際日常的に使ってみての感想をお伝えしたいと思います。

フローリングワイパーとは

花王のクイックルワイパーに代表される、本体に専用のシートや雑巾を装着して床掃除をする、便利なお掃除グッズです。

フローリングスプレーワイパーの使い方と良い所

まずはこちら、カインズの公式HPで紹介されている動画です。

フローリングワイパーと霧吹きスプレーが合体したようなこの商品。

本体に水を入れたペットボトルを装着し使用します。

手元のレバーを引くと、下の噴射口から床に向けてペットボトルの水が噴射されるという仕組みです。

そしてそのままワイパーで床を拭けば、水拭きしたのと同じ効果が得られるというわけです。なかなかのアイディア商品ですよね。

動画では紙製の使い捨てシートを使っていましたが、我が家では薄手の雑巾を使っています。

上部のクリップでしっかりと雑巾を挟んでくれています。

そのおかげで、グッと力を入れても雑巾が外れることがないため、ゴシゴシとしっかり雑巾がけしている感触です。

さらにこのペットボトルを「水の激落ちくん」にすると、お掃除のレベルもアップ。

「水の激落ちくん」とは、洗剤を使いたくない場所の汚れをマイナスイオンの力で落とす、アルカリ電解水でできたクリーナーです。

カインズの店頭では隣同士に並べられており、合体技はお墨付き。

ボトルのまま装着できるので、ペットボトルに移し替える必要はありません。

ちょっと汚れが気になったときに持ってきて、シュッシュッとやってゴシゴシすれば、あっというまにピカピカに!

それに手元のレバーを押してシュッと出てくる感じがなんだか楽しく、遊び感覚でお掃除している気分です。そしていつのまにか家じゅうを掃除しているなんてことも・・・。

見た目にも楽しそうに見えるのか、これを使っていると「やらせて!やらせて!」と子供が寄ってきます。

いっそのこと子供に掃除をしてもらうのもいいかもしれませんね(笑)

立ったまま掃除できるのも嬉しいですし、必要な量だけ吹きかければいいので、無駄がないのもいいところ。

ウェットシートを使う場合だと、少し掃除しただけで捨ててしまうのはもったいない気がしてしまいますしね。

逆に広範囲のフローリングを掃除したいときには、汚れたり水分のなくなったシートを取り換える手間が省けます。

年末の大掃除などガッツリ掃除したいときには頼りないかもしれませんが、日常のお掃除にはこれで充分。

面倒でおっくうになりがちな掃除のハードルを下げ、いかに手軽でストレスなく汚れを落とせるかが重要でよね。

 

これさえなければ!改善希望ながっかりポイント

お店で買って家に持ち帰り、試しに使ってみたあとに思ったことがあります。

「どうやって置いておこう・・・?」

普通に考えたら壁などに立てかけて置いておきたいところ。

ですがボトルが逆さまに装着されているため、このままでは水漏れしそうで怖いのです。

使い終わる度に外して、使うときにまた装着する・・・というのも面倒なので、できれば装着したまま収納したい。

仕方なく横に寝かせて置いてあるのですが、かなり場所を選びます。

幸い、我が家は今のところ階段下の収納スペースに置くことができていますが、他の荷物が増えてくれば邪魔になるでしょう。

カインズの公式ショッピングサイトで商品のレビューを見てみると、やはり立てかけておくと水漏れするとの書き込みがありました。

これは立てかけて置いておくことを想定していないのか・・・?

でも、カインズの商品ページを見てみると、取っ手部分に立てかけておくための滑り止めがついていると紹介されています。

確かに、滑り止めがありました!

壁に立てかけても滑って倒れることなく、安定しています。

きっとボトルを取り外して立てかけておくにはいいのだと思いますが、せっかくのこの商品の良いところが仇となってしまっている印象です。

収納方法に難はありますが便利なことに間違いはなく、毎日のようにこれを使ってフローリングを掃除していました。

これまでフローリングの水拭きなんてせいぜい週に1度だったのですから、これは「フローリングスプレーワイパー」のおかげだと思います。

そして1年ほど使ってきて最近気になり始めたのがレバーの劣化

レバーを引いても手ごたえがなく、スカッスカッという感触がするのです。

霧が全く出ないわけではないのですが、明らかに以前のような勢いがなくなっているように感じます。

再びレビューを見てみると、確かに耐久性についての書き込みも目立ちます。

1780円というお値段から考えて、消耗品と割り切って使うか、見切りをつけて他のお掃除グッズを探すかは、価値観の違いで分かれそうですね。

我が家はもう少し様子を見て考えようと思います。

少なくとも完全に壊れて使えなくなるまでは、頑張ってもらいたいです!

 

まとめ

カインズで販売されている「フローリングスプレーワイパー」は、毎日のお掃除を楽にしてくれる便利グッズであることに間違いはありません!

ただ、収納方法や耐久性など、改善してほしい点があるのも事実。

これを1780円のお値段以上ととるか、お値段なりととるかは人によるだろうというのが正直な感想です。

とくにフローリングは家の中でも大部分を占め一番汚れる場所の一つですから、少しでも楽にお掃除したいものです。