ダイエット

デブ脳の改善方法を教えます!知らない間に楽々減量?

最近『デブ脳』という言葉を、初めて聞きました。

ネットで調べてみると、デブ脳という言葉が出てきましたよ!

デブ脳のとはそもそも何?

自分の写真を取らない。

お菓子を一袋開けてしまう

近くにあるものは足で取ってしまう

などの行動を取っている人は要注意!!

またデブ脳は食べても食べても満足できないとという特徴があります。

デブ脳を変えればヤセ脳に変えると自然とダイエットできるんですね!

私もダイエットを学生の頃や去年の1月から一年ほどしていました。

学生の頃は、流行りのダイエットにいろいろとチャレンジして三日坊主で終わってばかりでした。

去年の1月から始めたダイエットは、自己流の自称「ダイエットもどき」でした。

あまり体にはよくないと思うので、おすすめはできませんが、ダイエットもどきなので一年も続いたんだと思います。

でも、あと10キロくらいは痩せたいので「知らない間に楽々減量!」なんて言われると興味津々です。

今日は、デブ脳の改善方法についてお話ししたいと思います。

ところで、デブ脳って何?

ダイエットをするためには、どんなダイエットをすればいいのかと、ダイエット方法について調べて、たくさんのダイエット法から気に入ったものを選ぶ人が多いと思います。

ですが、女性のためのダイエットサポーターをしていて起業している、松田リエさんによるとダイエットのやり方を真似しようとする人や、手っ取り早く痩せようとする人はダイエットに成功するのは難しいと言っています。

そして。食事の方法を真似する人も多いと思いますがこの方法もデブから卒業するには難しそうです。

松田さん自身も、昔は趣味がダイエットで、特技がリバウンドだったと言っていました。

デブ脳の改善方法を教えます!

 

ずばりデブ脳の改善方法!

  1. ダイエットに成功している人のやり方を真似るのではなく『考え方』を真似する。
  2. リバウンドしないためには、食事の価値観、考え方を真似る。
  3. しっかり食べながらも、痩せて、体型をキープできている人は、どういう考えでその食事を選んでいるのかを理解する。
  4. どういう考えでその食べ方をしているのかを読み取って自分の物にしていく。

松田さんは、元々保健師としてサラリーマンや銀行員、学校の先生など、おもに、男性にダイエット指導をしてきました。

そこで、男性と女性のダイエットの違いに気づき、今は女性専門のダイエットサポートをしているそうです。

昔流行った、男性脳と女性脳というものがダイエットをするにも関係しているのでしょうかね?

ヤセ脳にする行動とは?

食事の途中にお箸をおく⇨食事が停止し噛む回数が増え、食欲がおちつく

何か食べたくなったらまず、お菓子や食べ物の匂いを嗅ぐ⇨匂いによって満足を得られる

調味料を小分けのものにかえる⇨使う量がへる

『ベルラスダイエット』毎日の食事に意見や見解を話してくれる!

松田さんの推奨している『ベルラスダイエット』では、お食事サポートと言って、毎日受講者さんの食事を見て、認定パーソナルサポーターが意見や見解を話してくれるそうです。

ダイエットをしているときに、気になることをすぐ聞けたり、相談に乗ってもらえるのは心強いですね!

最初は、やり方ばかりに目がいく人が多かったそうです。

それはそうかもしれません、ダイエットするからには結果を出したいですから。。。

よく聞かれたのは「これを食べたらやせますか?」

「これは食べない方がいいですか?」

「どうしたらお菓子をやめられますか?」

「昨日ちゃんとやったのに体重が減っていないんですけど。」

やり方ばかりに目がいっている人からは、こんな質問をよくされるそうです。

私が受講者だったら、全部言ってるセリフです。

そのことに、趣味がダイエットだった松田さんは、それは悪い事ではないと言っています。

真剣にダイエットに取り組んでいるからこその質問だと理解を示しています。

食事の選び方、食べ方を身につけて、やせてきれいになりたいと思うからこその質問なので、やり方の質問にもサポーターは答えてくれるそうですよ!

それも大切な知識で、ダイエットするにはかかせないものとも言っています。

意識の問題!考え方を大事にする

どのくらいの量を、いつごろ、どんな組み合わせで、食べたらいいのか。

どんな食材を食べたらいいか、何に気を付けて食べたらいいか、それと同時にサポーターからは考え方を大事にすることを伝えているそうです。

考え方の大切さ!

  1. ストレスとの向き合い方 
  2. 食事を食べる時の楽しみ方 
  3. 外食を選ぶ時の考え方や楽しみ方
  4. 上手く行かなかったときの気持ちの切り替え方
  5. 体重、体脂肪率という数字の見方と考え方

サポーターの方も過去にダイエットで悩んできた経験がある人ばかりだそうです。

食べてやせる、食事に対する考え方を変えることを実践してきたメンバーということです。

そんなメンバーが、自分の経験もふまえて、考え方、心の持ちようを伝えてくれる。

そうすると、受講生にも次第に、意識の変化がみられるようになっていくんだそうです。

「今日は、ここが上手く行かなかった。でも切り替えて明日はこんな対策をしてみます。」

「体重が減らなくて停滞中かもしれません。でもこんな時こそ未来の自分のために、しっかり食べ続けていきます。」と自分で考えられるようになっていく。

そういう方をたくさん見て来たそうです。

ダイエットだけではなくて、日々の心の持ちようにも変化が現れそうですね!

デブ脳の改善方法を教えます!知らない間に楽々減量?まとめ

何を考え行動してきたか。

考え方の変化、視点を変えると松田さんは言っていました。

これを聞いてつい、思い込みの激しい私からしたら、ダイエットよりこっちの方が難しくない?と思ってしまいました。。。

知らない間に楽々減量とまではいかないですね。

ただ、食べたいものをそこまで我慢してやせるという方法のダイエットではないようです。