お役立ち

クラウドワークス初心者の注意点!こんなクラウドワーカーはクライアントに嫌われる!

みなさんこんにちは。主婦の方や学生の方にも大人気の在宅勤務ですがその中でもやはり王道をいくのはクラウドワークスですよね。

どうせなら、長くお仕事したいし。。

今日はクラウドワークスに登録して今からさあ!仕事をやるぞお!と意気込んでいる方必見。こんなクラウドワーカーは嫌われるという話です。

クラウドワークス・初心者の注意点!こんなワーカーは嫌われる

    

では、初心者クラウドワーカーさんでこんな人は嫌われる!っていう方の特徴を見ていきたいと思います!

まずはクラウドワークスに限らずどこでもあてはまことですよね。

連絡がないクラウドワーカー

どんな人が嫌われるか・・・それは登録したばかりで勢いがあり、ノリで応募してしまい仕事どころか連絡が疎かになってしまうワーカーさん

結構多いらしいですよ。登録日を見ると昨日・今日・今月といった初心者さん。登録したばかりで早くお仕事をしたい気持ちはわかりますが、いくらネットでのやりとりとはいえ社会人としての品位が問われます。

つい、早くお仕事したくて!!あせっちゃった

もし勢いで応募したのなら、その旨はっきり伝えて辞退してください。

間違っても相手のメールを無視し、途中契約されてしまうなんてことがないように。その後あなたの評価は悪くつけられかもしれません。

初心者でそんなことでは今後仕事はきません!気をつけてください。

応募要項を読んでいない

タイトルだけみて応募していませんか?

お菓子のレビュー記事!書ける書ける!えい!応募しちゃえ!!

そんなクラウドワーカーさんはクライアントからするとなめてんんか!となりますよ。

報酬などいくらか、何文字か、テストライティングは何記事か、どんな文章スタイルなのか詳しく書いているはずです。

またタイトルをお渡ししますと書いてあるのに、勝手に記事をかいて提出する方もいるそうです。

またサンプル記事提出と書いてあるのに、サンプル記事もなく、応募のメールには「お願いします。」のみのメールだと契約はむずかしいです。

サンプル記事提出とあれば、しっかりと提出し最初のメールには自分の得意なことなどアピールはしておいたほうがよいですよ。

クライアントはなんでもいいから記事がほしいわけではありません。タイトルからキーワードから記事の構成までちゃんと質の良い記事を望んでいるのです。

しっかりと応募要項を読んでないクラウドワーカーさんは、今後もう必要ないとして契約継続は難しくなります。

しっかりとクライアントが何を望んでいるのか考えましょう。

自分の能力を過大評価

さあ、採用になってはしゃいでいるクラウドワーカーさん。気持ちはわかります。

僕って本もよく読むし、映画もドラマもよく見るし!芸能人大好きだし!データ入力も速いし!文章なんかちょろいちょろい!

そんなことを思っていたら度えらい目にあいますよ。

最初に、アピールとして、これできます、あれできます、大丈夫です!というのはやめましょう。できれば謙虚な気持ちで初心者なのでわかりませんと正直にいった方がよいです。

クライアントがのぞんでいる能力とあなたのこれまでの経験や経歴が必ずしも一致するわけではありません。どんなに素晴らしい学歴でも、、、です。

自分の能力をアピールするのはやめましょう。そもそもワーカーさんに能力や技術があるかどうかはクライアントの判断になります。

ワーカーさんの給料あげて問題

正直、クラウドワークの仕事は給料がやすいですよね。主婦の副業だったり、時間を持て余している人が小遣い稼ぎに登録している場合が多いです。

よっぽどあなたが利益になるような記事をバンバンつくれるようなら話は別ですがそこまで能力があればおそらくクラウドワークは使ってないかと思います。使っていても高額案件でガンガン稼いでいるかもしれません。

クラウドワークには高額案件もたくさんあるので初心者さんが勘違いをして自分もそのくらいの仕事ができるのでは?と勘違いしてしまうんですよね。

そして初心者OKの案件で仕事をして給料をあげてと交渉するパターン。

初心者だからその給料なんです。100円でも給料をあげたいなら、あなたは想像上以上に記事の質をアップさせなくてはいけません。

ちょっと画像をいれれるようになりました。ツイッターの埋め込みができるようになりました。装飾ができるようになりました。。。そんなことで給料の交渉をするならかなり厚かましいですよ。

しばらくは実力をつけることに集中!

 

クライアントは、記事の質がここまできたら給料アップとある程度決めています。画像一枚挿入できたからといって、給料アップをせがむのは、金のことばかり考えて記事のことはあまり考えてないなとおもわれます。

辞退するときの理由が嘘丸見え

嘘はやっぱりよくないけど。。

クライアントは正直、受注者さんより感が鋭いです。たくさんのワーカーさんを管理していてだいたい、メールをしていればどんな人なのかわかってくるとのことです。

すぐやめる人、いいわけをしてなかなかお仕事がすすまない人、真面目に仕事に取り組む人、などなど。

その中でも、自分にもできると思い応募してきたワーカーさんがマニュアルをみて辞退されることも結構あるようです。

その時に、自分は無理なようです、、、といえばクライアントはとくに何も思わないのですが中には、辞退の理由が急な病気やパソコンの状態がわるいなどの言い訳だというのです。

はあ?本当に病気かもしれないじゃん!

そうですが、クライアントもそこまでバカでしょうか?

病気で辞退したあとにまた違う仕事に応募していたり、ちょくちょくログインしていたり、、と。

そうなるとあなたの人間性が問われますよね。確かに2度とあわないかもしれませんがいつどこでまた、一緒にお仕事することになるかもしれません。

また、応募したいときにクライアントが以前に嘘をついて辞退したとこだったらどうしますか?この上なく嫌な感じですよね。

クライアントはたくさんのワーカーさんをかかえているのです。あなた1人が辞退したからといって何か困るわけではありません。

辞退したい時は素直にその旨伝えた方がよいですよ。

クラウドワークス初心者の注意点!こんなクラウドワーカーはクライアントに嫌われる!まとめ

これから長く、在宅で仕事をしていくためには初心者の間は給料が安くても黙々と自分の技術をあげることが賢明ですよ。

ある程度、クライアントから認められたらその後、他のお仕事で自分の実力をためしてみましょう。

高額案件に応募し、サンプル記事を提出し、合格すればあなたの記事も質がよいということです!

がんばってください!